ホームページへ トップページへ

研修会のご案内

開山様(関山慧玄)は遺誡で「私のことは忘れても、應燈二祖の深恩を忘却するような者は、私の弟子ではない」と言っておられます。今日の臨済禅は、白隠禪師の法系が嗣がれ展開しております。その法系をさかのぼると大應・大燈・関山の門流となります。この門流の基本的な思想は如何なるものなのでしょうか? 私達は、それをどのように受け継ぎ、次代にどのように伝えていくべきなのでしょうか?禅僧としての根本を考えてみたいと思います。 お誘いあわせの上ご参加いただきますようご案内いたします。

テーマ:「應燈関の流れ」
日 時:平成17年11月16日(水)午後3時から5時まで
会 場:名古屋都市センター 第1会議室
       名古屋市中区金山町1丁目1番1号 [金山南ビル]
       電話番号 : 052-678-2200
会 費:3,000円
講 師:花園大学教授
    竹貫 元勝 先生
企画・主催:禅文化研究会
協 賛:愛知西教区青年僧の会
申込先:禅文化研究会 企画室

講習会終了後、懇親会を予定。
(希望者のみ、別会費。 詳細は未定。)

PDFファイル 051116.pdf 76,958byte

↑ページのTopに戻る